【ご挨拶】

 平成17年9月に永利公認会計士・税理士事務所を設立し10年の歳月が流れ、今年は75歳になります。

 これまでを振り返れば、大学卒業後、32歳までプライスウォーターハウス会計事務所にて、国際的な会社の監査業務に従事しました。その後父の逝去に伴い、祖父の代からのオーム乳業社長に就任し、64歳まで社長会長を歴任、一方では大牟田市の商工会議所会頭にも就任し、これまで様々な経験を積ませていただきました。また会計事務所開設後も、監査、税務、会社役員、顧問の仕事等に取り組んで参りました。

 日本の今後は人口減少、経済も右肩下がりの時代となり、経営環境はますます厳しくなります。経営者はどこに活路を見出したら良いか、日夜呻吟されています。日々、経営者の苦悩がひたひたと伝わってきます。

 国際化、情報化、人口減少、少子高齢化が進むなか、企業を取り巻く環境は一段と厳しさを増し、過去の延長線での経営では生き残りが難しくなってきています。そういった中でもいかに経営改善を図り、企業の成長発展を図るか。業種、規模を問わず共通の経営課題となってきています。

 そこで、これまでの多岐にわたる経験を基に、経営者・経営幹部・現場(従業員)・専門家の立場をすべて実際に体験してきた私に課された使命として、これからの残された人生のライフワークとして、智慧を活かした「経営改善」の仕事に、誠心誠意取り組んでいきたいと心新たにしています。

 今後は経営者、企業のニーズをよりしっかりと受け止め、どう対応したら良いかを柔軟に考えながら、これまで培ってきた様々な分野の専門家、パートナーと連携プレーで、数多くの中小企業における経営改善を実現していきます。また、金融機関や他士業とのさらなる連携により、経営改善の波を広範囲に広げていく計画も立てています。

 事務所開設とともにホームページを立ち上げ、早10年になります。これを機会に内容を大幅に改訂し、特にブログをテーマ毎、年月毎に検索できるようにしました。ブログは毎朝引き続き更新し、経営改善の現場におけるリアルな情報・課題・改善策を発信していきたいと思っております。

 これからもよろしくお願い申し上げます。

2017年1月吉日
永利公認会計士・税理士事務所 代表 永利新一

経営のお悩み事はありませんか?

「経営者のお悩み事」としてよく挙げられるトップ3は、「資金繰り」「売上アップ」「人材採用・育成」と言われています。これは多くの経営者様が、非常に納得できる内容ではないでしょうか。

ただそうは言っても、経営者というのは孤独な存在。立場上、なかなか気軽には相談できないのが現状でしょう。社員やお客様の前では安易に弱音を見せられず、日々一人で抱え込まなければなりません。

経営者が抱えるこの悩み、どうすれば解決できるでしょうか?

そのお悩み事を「軽くする」のが、私の使命です。

これからの企業が生き残っていくには、売上を伸ばし、成長発展し続けることが求められます。それには「売上の柱を増やす」、「対象者を増やす」、「地域を広げる」ことが肝要です。そして、新しい柱をすべて自社努力により増やすことは、時間と労力、お金もかかり大変なことです。

私には経営者経験があるだけに、日々のコンサルをしている中から、経営者の苦しみがよく伝わってきます。経営の責任とその重さを、「経営者の視点」「長年の経営者経験」により理解できるからこそ、ご相談に乗れることがあります。

まずできることは、今後どうすべきかをよく話し合い、これからの道筋を共に考えることです。現実問題として「進むも地獄、退くも地獄」の状況もあります。今の現状を分かりやすくいくつかの方向に整理し、それぞれどうなるかを明確にして、これからの道を明らかにしていくことが重要です。 (→そういった思考の整理のためのツールとして、マインドマップを活用しています。)

永利を経営者様の「良きパートナー」として考えていただき、より「楽で」「前向きな」経営の近道を、共に模索しませんか?そして、現状の苦しみから少しでも解放されるようご支援していくのが、これからの私の使命だと考えています。

まずは、こんなことからお聞かせください。
  1. これまでの経営で、うまくいったことは何ですか?
  2. ここまで進んできて、正直なところどんな気持ちをお持ちですか?
  3. 半年前と比べて、今はどれくらい成長していますか?
  4. 達成目標について、いつもどれくらいの協力が得られていますか?
  5. 今の自分に、どれくらい満足していますか?
  6. 達成目標について、いつもどれくらい考えていますか?
  7. 起業(承継)時点での目標を、現在どれくらい達成できていますか?
  8. ここまでやってきて、気付いたことは何ですか?
  9. 現状を作り出している、あなたの要因は何だと思いますか?
  10. 前はできなかったのに、今はできるようになったことは何ですか?
  11. 今あなたが、恵まれていると思うことは何ですか?
  12. 目標達成のために、不足しているものは何ですか?
  13. 目標に向かってスタートするのに、心配なことは何ですか?
  14. 今までやってきた中で、一番の成功体験は何ですか?
現実を広く捉え、"改題解決"のためのアドバイスを致します。

「守るべきものは、何でしょうか?」

 上の図は、企業を取り巻く利害関係者(ステークホルダー)を表したものです。利害関係者とは一体どういった存在でしょうか。取引先からは厳しい値段交渉があり、顧客はなかなか財布の紐を緩めてくれません。では、彼らは敵でしょうか?

 いいえ、利害関係者は断じて敵ではなく、なくてはならない「パートナー」です。社会の需要に応え、業績向上を目指すためには、ステークホルダーのバランスを取っていくことが基本です。自分のエゴだけを主張すれば、会社は潰れるようになっています。

 

「守るべきものは、すべての利害関係者です。」

 永利アンドパートナーズでは、クライアント企業はもちろんのこと、ステークホルダーを重視した経営改善を行います。(→経営コンサルティングについての考え方)

それが結果的に、企業の長期的な発展につながるからです。しかしこれらを総括的にカバーするというのは、なかなか必要な人材をそろえることが難しい中小企業にとって、非常に困難なことでしょう。

 そこで、永利の俯瞰的な視点をもって、解決するべき課題を適切に専門士業に分担し、取り組むことで、道は大きく開けていきます。

 時代背景を念頭に流れを大局的に捉える、永利独自の原理原則を軸としたコンサルティングメソッド、そして経営資源特化型のネットワーク、人脈を駆使して、悩み多き中小企業のための「実践型経営支援」をご提供します。

マインドマップ【経営改善の具体的取り組み】

現状をいくつかの方向に整理し、それぞれどうなるかを明確にして、道を明らかにしていくための思考ツールとして、マインドマップを活用しています。

以下は永利が作成した「経営改善の具体的取り組み」についてのマインドマップです。(※パソコンからの閲覧を推奨しております。)

【使い方ご説明】上記マインドマップは、スクロールと文字拡大ができます。また「スライドショー」機能を使うことで、順番に分かりやすく確認することもできます。

このボタンからスライドショーが再生できます
永利の書籍「日々のつぶやき」を無料提供中!

永利公認会計士・税理士事務所を立ち上げた2007年から約5年間分の日々のブログ記事を抜粋し書籍化した、永利新一の初版本です。経営コンサルタントとしてのリアルな日々の業務活動、そして経営改善における永利の一貫した信念が記されています。(発行日:2012年2月2日)

時代の変化の荒波の中を、大きな船がゆっくりと進んでいる人生のメッセージをこのブログから学び、あたかも自分もその船に乗っているかのような心地よさを感じながら、今日も訪問させていただいています

武藤 千秋 様 - 寄稿「人生のメッセージを読む」より

※この本は【pdf形式の電子書籍】でご提供しております。お名前とメールアドレスを入力後、以下のボタンを押すと「ダウンロード」ボタンが表示されます。

※一部携帯電話では表示できない場合があります。パソコンからのご利用を推奨しております。

内容をご確認の上、
お手数ですが以下のチェックをお願いします。


日々のつぶやき
日々の活動についてはこちら(毎朝更新)

ブログ内の「投稿をメールで配信(無料)」より、
メールアドレスを入力し、ご登録ください。

RSS 永利新一の経営改善の日々

  • リフォーム会社視察 2017年7月25日
    おはようございます! 今朝も元気に静かな朝を迎えています。連日暑い日続いています。 昨日は朝から新幹線で大阪か […]
  • 大阪監査法人訪問 2017年7月24日
    おはようございます! 大阪のホテルで今朝も元気に静かな朝を迎えています。よく眠れ早く目覚めています。 昨日は午 […]
  • これからの時代 2017年7月23日
    おはようございます! 今朝も元気に静かな朝を迎えています。暑い日続いています。おかげでよく眠れ、毎朝腹筋と腕立 […]
  • 夏祭り総踊り 2017年7月22日
    おはようございます! 今朝も元気に静かな朝を迎えています。朝から蝉や虫の声聞こえます。毎日が淡々と過ぎていきま […]
  • 如水グループの今後 2017年7月21日
    おはようございます! 今朝も元気に静かな朝を迎えています。朝からセミと虫の鳴き声聞こえ、種類も増えてきています […]
関連記事まとめ:「永利アンドパートナーズ」関連記事まとめ:「思考の三原則」関連記事まとめ:「需要と供給の原則」「読書」関連記事       
よくあるご質問

高額なコンサル料を請求されませんか?

まずは現状をお聞かせいただいた上で、必要な場合のみ、契約のお話を進めさせていただいております。
ご相談をお受けした対価として、突然ご請求をすることなどは「絶対にありません」ので、ご安心ください。(但し、遠方への訪問が必要な場合、交通費のご協力はお願い致します。)

相談していることを周りに知られたくないのですが・・・

公認会計士には、公認会計士法第27条により、秘密保持義務が課されています。

公認会計士法第27条(秘密を守る義務)
公認会計士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱ったことについて知り得た秘密を他に漏らし、又は盗用してはならない。公認会計士でなくなった後であっても、同様とする。

「秘密保持」は、公認会計士として当然の義務です。契約の有無に関わらず、ご相談内容が漏れることは「絶対にありません」ので、ご安心ください。

士業の先生への相談で、経営がよくなったことがないのですが・・・

例えば税理士は税金の専門家であり、公認会計士は監査の専門家です。経営者様との関与経験から「経営」に関するアドバイスをしたとしても、多くの場合「ご自分での企業経営の経験」はなく、「経営の専門家」ではありません。

永利が名乗る「公認会計士」は、専門性の証明であり、保有資格の一つです。当事務所の経営アドバイスは、32年の経営者経験に基づいた、実践的なものです。また、その客観性と俯瞰的視点は、大牟田商工会議所会頭、および企業の社外役員としての経験から培われてきました。

経営者様と対話し、共に考えていくことで、必ずや具体的な解決策・改善策は見つかります。どうぞお気軽にご相談ください。

【2017年3月末まで】初回面談は無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

内容をご確認の上、
お手数ですが以下のチェックをお願いします。


ホームページからのお問い合わせに不安がある方は、直接お電話ください。
0944-52-7181